社会福祉法人 二葉会 千田保育園

ごあいさつ

みんな 大事な ひとり
~前理事長 中谷 ミサ子様の後に続き~

社会福祉法人二葉会理事長 玖島 慶子

 平成11年、私が理事の仲間に加えていただいた時、中谷ミサ子様が理事長になられました。それから間もなく六角形の園舎が老朽化したため、建て替えが始まりました。着々と進む工事と共に発揮される中谷理事長様のリーダーシップのお姿に、多くを学ばせていただきました。いつの時も「子供たちの健やかな成長のために」との信念を忘れず、子供達の心を受け止める確実さと優しさを持ちながら細やかな配慮をし、声をかけていかれる。その中で生じた不合理なことは、身を以て排除し改善の方法をお考えになる。そのすばやく力強いお姿の中に、子供たちへの限りない愛を感じていました。

 

 このような理事長様の愛の深さに応えるべく、園内でも園長を中心に「日々の子供の瞳が輝く」よう、愛のあふれた実践の努力を続けております。

 

 私は、保育園にいる間の愛いっぱいにあふれた毎日の積み重ねこそが、これから無限に伸びるひとりひとりの子どもたちのエネルギーの基礎になると信じています。健やかに成長し、たくましく羽ばたいていく子どもたちの姿を描きながら、私もこれから頑張ります。よろしくお願いいたします。

 

 

笑顔いっぱいの千田保育園

千田保育園園長 折見 智美

千田保育園園長 折見 智美

 広島市高等女学校(市女)は昭和23年、市内の公立中学校、女学校が学制改革により男女共学の学校として舟入高校にと生まれかわりました。

 

 母校を失った市女同窓生さんたちから、私たち卒業生の心の拠り所となる場所を創りたいというお話が持ち上がりました。

 

 初代校長の今堀先生の「今からの世の中は、必ず女性が働く時代になるので、子どもたちを預かる保育園を設立しては」とのご助言をいただき、同窓生さんが賛同されて立ち上がり、戦後間もなく、まだ廃墟と化した街の中で市女同窓生を訪ねながらカンパを募り、設立されたのが千田保育園です。

 

 同窓生さんのお心を大切にしながら、一人ひとりの子どもの命を守り育てることを基本とし

 

【豊かな心で、強く生きる力を育てる。秩序ある生活リズムの中で、子ども一人ひとりとの今を大切に育てる。】

 

を保育方針とし、子どもさんに『保育園大好き。』『明日も来たいな。』と、言ってもらえる保育園であり続けられるようにと考えています。

 

 

 揺籃を動かす手が 世界を動かす

 

みんな仲良し

アスレチックで元気いっぱい!

楽しい時間を過ごしました。

社会福祉法人 二葉会
千田保育園

〒730-0052
広島市中区千田町2丁目5番12号